IMG_3694

なぜ、今まで生きてきて自分ができないことを無理にやろうとするのか?

 

「なぜいま、私は焦っているんだろう?」

こう考えて立ち止まることがしょっちゅうある。

答えはカンタン。無理に何かしたいと考えているから。

 

私は片付けが苦手で毎日すっきりということを実現したいと常々考えている。

でも、すっきりの基準が「憧れの部屋」になっていて

順番からしたらまずその部屋でなければそのすっきりも実現しないとわかっている。

やるべきことはわかっているのに今まで何度も挫折してきて

やり方が違うこともわかってきて・・・

じゃあ、「できるようにやればいい」ということになると

このままの状態が好きなんじゃないか?

と元に戻ってしまうという、怠慢な自分らしさに戻ることになる。

 

他にも、「毎日同じことを続けることを実現したい。」

ルーティンというような、朝起きたらこうしてこれをやってそれから仕事にとりかかる・・・

寝る前にこうしてこれをしてからあーしてこうして・・・

そんなかんじのこと。

 

これは全くできなくて、三日どころか一日で終わることばかり。

すっぽり抜けしまうこともあれば、やらなきゃならぬと考えて嫌になったり

もうこれは本当に子どもみたいな頭をしているなと思う。

そして、まぁいっか〜となるので何をやってもできない感があって

そこが私の焦りに繋がっているのだ。

 

でも、特に不自由なく生きてるし

なんとなく好きなことはできてるし、これからももっと出来ると思ってる。

なのになぜ、出来ないことをしたいと思ってしまうのだろう。

 

あれこれとやってみたくて欲張りだからだろうか?

それともたくさんの情報が流れてきて、出来る人のハウツーとか成功哲学とか

時間術とかライフハックとか知ることによって、自分らしくない自分になろうとしてるのか?

 

考えてみた中での答えは「ストイックであることに本当は憧れている」んだろうね。

でもそれは本当の自分じゃないって、毎回試してみないとわからないから

何かやってみて「出来ない」と焦るという。

 

やってみたいんだから仕方ない。

開き直って「やってみたけど合わなかったな〜」でいいのかも。

やりたいことは形を変えてもきっとやっているんだろう、これからもずっと。

 

早く開き直ってしまえばいいのに。

と、これもまた毎回思うことね・・・

 

 
(でも、本当に続けてることにまだ気づいてないだけのような気がする・・・・・。)