IMG_3027_Fotor

蚊のいない世界に人は存在できるのか?

家で写真を撮っていると大量の蚊に囲まれる。

虫除けとか蚊取り線香とかもう効かないんじゃないかと思う。

だから刺されても仕方ないと写真を撮り続ける。

 

一方で遺伝子操作をして蚊などの害虫が生まれないようにすることも

実施されているけれどこれはこれで「人間て何様?」な気もしてしまう。

Wikipedia

不妊虫放飼(ふにんちゅうほうし)は、害虫駆除の方法の一つで、人工的に不妊化した害虫を大量に放すことで、害虫の繁殖を妨げる方法である。特定害虫の根絶を目的に行われる。

 

蚊を食べている虫や動物はどうなるんだろう?

とりあえず、蚊には血を吸ってもいいからかゆみを残していかない進化をしてほしい。

小さな花が集まっていて、これからもっと開いてくる。

IMG_3044

右下のは大きさ比較のための私の爪。まだこんなに小さなマル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな虫も生態系には何かの役に立っているよね?