ヘタでも未完成でも自分が生み出したものが好きなら、人生楽しくなるでしょ。

私の写真は全部スマホ(iPhone)で
いつでも撮れるからどんどん溜まるので
バックアップを頻繁にやらなければ
動きが遅くなる。

バックアップ先は
・HDD(iPhoto経由で)
・Google photo
・AmazonPhoto
で、どんどんアップするだけ。

仕分けは、なし。
どういうジャンルで分けていいか
全く見当がつかなくて。

もし良い方法があれば教えてほしい。
(切実ですが、アバウトなんで簡単なことを)

過去何度か挑戦したことがあって
・花 → 色
・花 → 名前
・花 → 場所
・花 → 日付
あとはその組み合わせとか。

いろいろやったけれど
コレと言う決め手がない。
日付や色やだいたいの雰囲気なら
GooglePhotoなら検索できる。

そして拡大して撮るから
もう名前なんてどうでもいいよね?!
って思ってるし
意外に撮ったものは覚えてるし
花は庭だから同じ場所ばっかりだ。

それにしても
保存する時にダダダダーーっと
画像が流れて行くのを見てると
「めっちゃいいじゃん、この写真」
と自画自賛の境地にはまり込む。

そりゃそうだよね、
自分がいいと思って写真にして
この瞬間を残したいと思ったんだから。
何回見てもいいと思うよ。
そしてこの感動を
誰かに知ってもらいたくて
WEBにアップする。

評価なんていらないし
されてもどうも思わないっていうのは
やっぱり自分で撮った写真が
好きだからなんだよねぇ。

これ、絵とか動画とか文章とか
何でも同じで
気に入った物はいつでも愛おしい。
(私、自分のヘタな文章も好き!)

そこから始まる自分発信。
ただひとりの自分から
生まれてきたもの。

これこそが創造しなくてはいられないもの。
これで遊んだら他のことなんて
楽しくないと思う。

だから人がやってることが
自分には楽しくなくても
同じようにできなくても当たり前。
自分がやりたいことを
好きなようにやるのがいいんだよね。

頭に浮かんだら行動して形にする。
生きているからこそできること。
そしてやらずにはいられないという
この気持ちに嘘はつけないんだよ。

img_5444

こんな「何撮ってんの?」みたいな写真すら愛しく思うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私のような人があつまる場所があるよ。
他人の楽しいを見るのもおもしろいもんです。

かさこ塾フェスタ(Facebookページ)
https://www.facebook.com/kasakofestival/?fref=ts

名古屋フェスタには私も出展します。
接写ワークショップできるかなー?
したい人いるのかなーですが
いろいろ楽しいこと考え中です。