この夏、涙腺崩壊するのか?アニメ映画に涙する私。

今までに唯一泣けた映画はアニメで
「わたし5等になりたい」
という児童文学が映画化されたものだった。

この映画のラストシーンで
感情より先に涙がぽろぽろと
落ちていることに驚いた。

私、泣けるんだな〜
なんて画面を見ながら思った記憶。

その本をまだ職場の友達だった
いまの相方に貸したところ
号泣だったそうだが
「恥ずかしいから絶対に映画は見ない」
というくらい泣いたらしい。
だから、「100万回生きたねこ」なんて
「タイトルを聞いただけで泣ける」
とかで読んでくれない。

本をたくさん読むようになったのは
いい児童文学に出会えたからだと思う。
はじめは長い長い「白雪姫」で
最後は怖い結末になるのだけど大好きだった。
それから「クローディアの秘密」
と言う本に出会う。
大好きだった担任の先生が薦めてくれたもの。
メトロポリタン美術館に一週間家出して
滞在する物語は私を異世界に飛ばした。
同じくらいの歳の女の子の冒険が
自分も家出できそうな気持ちにさせる。

 

そんなわけで
私は児童文学が今でも好きだ。

そのなかでこの夏に映画化される
「ルドルフとイッパイアッテナ」
いつなのか図書館で処分する本を
持ち帰っていいよという日があって
その日にルドルフシリーズ2册を手に入れた。
それからずっと大好きだったのだけど。

 

想像の世界が動くのは正直うれしくない。
よくある漫画のアニメ化とかと同じで
自分の世界はすでに作り上げてるので
それ以外のものを入れたくないと
ついつい思ってしまう。

だけど見てしまった。
絵柄が挿絵と全く違う・・・・やだ。
うすっぺらいCGになっちゃったよ。
と思って公式ページを見ていたら
予告動画が始まった。

いやだと思いながらもついつい見てしまう。
ストーリーは全て知っている。
アニメだとこうなるのか・・・
と思っているうちに
なぜか泣いていた。

なんだろうこれ。
歳とると涙腺がゆるむとかいうやつ?
それとも私の感情はアニメでしか動かないのか?
なんかそんな気もしないでもない。
とにかく私の涙腺は
またもやアニメによって崩壊させられたのだ。
映画を見るかどうかはまだわからない。
だけど、本はもう一度読み返そう。
っていうか、よみたくてたまらなくなった。
新しい続編も手に入れよう。

きっと猫ブームとかいって
映画もそこそこ流行るのではないかと。
もとから猫好きにはどうでもいいけどね。

ルドルフとイッパイアッテナ 公式映画サイト
http://www.rudolf-ippaiattena.com/

 

IMG_4011

クロネコちゃん、ママ猫らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ただいまセルフマガジン配布中!!◆◇◆◇
マガジン希望の方は、郵便番号、詳細な住所
お名前、希望部数をお知らせください。
一番速いお返事はfacebookメッセージですが
こちらのフォームからもOKです。
http://jade-ite.info/?page_id=293

順次、送りますので到着までしばらくお待ちください♪♪

◆LINEスタンプ作ってます◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
『アビー』シリーズよろしくです!
http://line.me/S/shop/sticker/author/83424


◆facebook(メッセージ付けてリクエストください)◆
https://www.facebook.com/MichiyoTada


◆写真からスマホケースなど作ってます◇◆◇◆◇◆◇
今後アイテム増やす予定!随時お知らせします。
http://lbx.thebase.in/


◆ブログよりfacebookよりtwitter!◆◇◆◇◆◇◆◇◆
と言う方は、こちらでよろしくお願いします
https://twitter.com/lbx