苗族刺繍博物館へ行ってきた。要予約、要虫眼鏡!!

IMG_2247

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっごい細かい手仕事を見てきた。

正確に言えば、その作品なのだけれど

本当に細かくてすごいから写真で。

 

IMG_2251

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このメモリ、10のところは10センチではありませんよ。

10ミリ、1センチってこと。

一センチの中にクロスステッチが12も入ってる!!!

どんな糸だ、布目一つに一針のステッチ・・・・。

いったいどれくらい時間がかかるのか。

 

そもそも土台の布から織り

そこにこんな小さな刺繍を埋め尽くすように刺す。

なぜそんなに細かく刺すのかといえば

布目から悪い物が入ってくるからそれをつぶしている

とかなんとか。

祈りが入っているんですね。

だから赤ちゃんを背負うねんねこにも

贅沢に細かに刺繍が施されている。

 

IMG_2268

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを拡大するとこうなる。

 

IMG_2270

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この波みたいなうねった模様は

なんとチョウチョだそうです・・・見えないけど。

ミャオ族(という人たちが作っている)は

チョウチョから生まれ変わったと言われているそうで

必ずどこかにチョウチョが刺されているらしい。

始めて聞いたからとっても不思議。

 

一枚見るのにかなり時間をかけてしまうので

何度もお邪魔しなきゃねって感じの

苗族刺繍博物館(愛知県常滑市)です。

http://miao-japan.com/museum

 

こういうの見ると何か作りたくなっちゃうね〜。