月別アーカイブ: 2015年7月

IMG_2826

「風情」と言う言葉で涼しく感じてしまう夏

風があっても日中は窓をあけると温風なので

日陰側の窓だけあけて扇風機で過ごすようにしている。

 

うちわも時々使うけれどあおぎすぎると自分が暑くなる。

普通の扇風機は見た目があまり好きではなく

以前は旧式のものを使っていたけれど音ばかりで

機能に劣るということで、レトロ風に変えたけれど

やはり音が大きく変えた意味があるのかないのかというところ。

 

出かける前にはシャワー後、

エアコンですっきりしてから出るように・・・

これが私の夏の過ごし方。

 

暑いの苦手な犬は、あちこち放浪したあげく

廊下か玄関のたたきに

猫はベランダで暑い日差しを浴びた後に(本当に直射日光を浴びる)

本棚の下の隙間かトイレの便器裏側(ここは人気)に寝そべる。

 

陰影礼賛(谷崎潤一郎)が愛読書で

影響されていると思うのは、

自然との付き買い方と便利と風情の両立に悩むというところかもしれない。

 

なんちゃって!!

そんなかっこいい生活はしていません!

 

 

IMG_2765

部屋の中は暗い方が涼しく感じる

 

 

 

repo1

思い出のカメラ、minolta repo S

片付けをしてたら未使用フィルムが出てきた。

これは使えるのか?!

ということで、父のところへ行きカメラを借りる。

(ここで父の趣味が写真だったというのを思い出す
   もしかして私はここから影響をうけてたのかも)


repo2

懐かしい!このカメラ!

まだカメラを持っていない頃に

貸してもらった記憶があり、私の中のカメラとはこれ!というイメージ。

フィルムを二分割撮影するハーフタイプ。

2倍撮れるなんてお得だと思ってたけれど

現像する時に2倍の代金がかかるという…。

当時、一枚30~40円という子どもにはツライ値段。

なかなか現像にだせなかったのも思い出のひとつ。

このカメラについてちょっと調べてみる。

・・・・以下引用・・・・

minolta repo S

露出計付きフルマニュアルハーフサイズカメラ。ピント合わせは目測となっている。
ミノルタのrepoの上位機種であり、大き目のボディ、開放F値が1.8、ノブ式の巻上げ機構であったりと、高級感がある。
シャッター速度を決め、軍艦上部の窓の追針式露出計を見ながら絞りの値を決める。
ROKKORの優しい雰囲気を味わうことのできる、親切で優秀なハーフサイズカメラです。

・・・・イエネコカメラさんより・・・・

早速、フィルムを入れてガシャガシャ巻く。

うん、こんな感じ~!

シャッター押してみる。

ん?

なんか変。壊れてる?

もう、長い間使ってないし。

レンズを覗いてみるとシャッターがちゃんと戻ってなくて

半開きになってるみたい。

仕方なく一旦フィルムを取り出しレンズ部を分解。

(これは私は乱暴なので壊してしまう恐れがあり相方にやってもらう。)

でも、専用の道具などなく残念ながら掃除したところで終了。

修理すべき?

まだ父には相談してないけど

結婚した時に買ったものだと言ってた。

いいもの買っておくとこうしてまた使える時代だったんだな。

なんだかとっても名機のようなので

修理にだしてみたくなってきた。

なんだか今度はフィルムカメラにはまりそうでヤバい。

IMG_2664

夏の庭は緑がいっぱいになっていい感じの日陰ができる。

風のある日は日陰も気持ちがいい。

昼になれば日差しがきつくてそうも言ってられないけれど

冷たい地面におなかをつけられる猫にはいい感じらしい。

 

彼(猫)は通称「閣下」または「オオシマくん」

最初は背中のシマしか見えなかったからオオシマくんになった。

 

閣下は、ほおの色がシェーディングされているように見えるから

デーモン閣下に似てるよねって思って。

目の横のラインもチャームポイント。

 

 

ほおの微妙なグレーがメイクのようで・・・

ほおの微妙なグレーがメイクのようで・・・

 

 

比較対象がないけれど、けっこう大柄。

細いけど顔が大きい。

顔が大きいのは野良の中では有利なんじゃないかと思う。

猫になってみないと本当のところはわからないけど

威嚇するのにすっきり小さいより迫力あるはず!!!

IMG_2662

 

また明日も遊びにおいで。

 

◆faceook https://www.facebook.com/MichiyoTada

IMG_2539

「長い酷暑」朝あまりの暑さに起きてすぐ思いついたこの小説タイトル

「長い酷暑」とは

海外ドラマ「キャッスル」(邦題 ミステリー作家のNY事件簿)の

主人公キャッスルがドラマの中で書いたベストセラー小説のタイトル。

 

朝からそんな言葉を思い出すほど暑かったのには理由がある。

 

・・・・・

一昨日、その前まで普通に動いていたリビングのエアコンから熱風がでるようになり

ネットで原因を調べているうちに

「一日二日おくと直ることもある」という訳の分からない選択肢を選んでみたら

翌日は普通に使えたという、嘘のような解決ができた。

 

そしたらその晩に寝室のエアコンから熱風が・・・

おまじない的に一日置いてみたが効果はなく(当たり前のような気がするが)

夜中はずっと眠れず4時くらいまでは起きていて

外が明るくなってきた頃にやっと外気が涼しく感じられ寝付くという

寝苦しい夜を過ごした朝、

頭に浮かんだ言葉が「長い酷暑」だったのだ。

 

エアコンの室外機を見にベランダにでると、室外機の中に蜂の巣発見。

これが原因だったら取るだけだと思い、殺虫剤を持ってきて

ふと窓の下を見るとものすごい蜂が〜〜〜ココにも巣が!!!

室外機とあわせて二つの巣からアシナガバチの大群。

あわてて部屋に入り網戸越しに殺虫剤をふりまき

落ち着いたところで巣を撤去。

(雨があたらないところを選んで作ったのにごめんね)

 

エアコンは無事に冷えるようになりました。

あーよかった。

いま修理とか新しいエアコン頼んでも繁忙期だから

すぐ来てくれるとは限らないしね。

 

ところで「長い酷暑」はドラマ中だけでなく本当に出版されていて

作者もドラマ中の作家 リチャード・キャッスルとなっている。

ドラマ中の役をモデルに書いている小説なので

頭の中でキャストは自然とドラマと同じになるのが楽しい。

事件推理ものとしては犯人や展開がわかりやすいから

ドラマを知っているからこそおもしろい読み物なのかもしれない。

 

よくある男と女の対象的なコンビものだけど

基本一話完結、暗くならない結末や展開、設定が意外に細かい

など気楽に楽しめる要素がたくさんあってずっと見ている。

 

DVDが安くてびっくり・・・・
録画するより買ってしまおうか悩む

 

海外の小説ってとっても大判で
小説のタイトルより作者の名前が大きい。
サイズはペーパーバッグくらいのほうが読みやすいと思う。

 

 

涼しい部屋でもう一度「長い酷暑」を読んでみようかな。

 

 

IMG_2344

最近できるようになったこと、ありますか?

人からしたらどうでもいいことかもしれないけれど

できるようになったという「発見」がいちいちうれしい。

 

小さい頃にさかのぼると

食の細かった私が「できるようになった」達成感に

・缶ジュース(それも250ml)が一人で全部飲めた!

・定食を完食した!

・給食を食べ終わるのが早くなった!

なんてものもよく覚えている。

どうでもいいけど、私の達成記憶。

 

スポーツやってる人ならたくさんの達成感があるのかもしれない。

記録とか勝敗とか、期間とか目標とか。

もちろん学びでもそう、資格とか受験とか。

 

どちらにも縁がなかったせいか、日常が私の生きている達成の積み重ね。

 

最近は、

・今まで撮れなかったタイプの写真の雰囲気が撮れるようになった!

ことが一番かな。

完成ではないけど、自分の中にクリアしたというポイントがたまっていく感じ。

これが増えていくと普通になって出来て当たり前になる。

 

積み重ねってこういうことだな〜って

わかってはいるけれど意識すると出来なくなるのでなるべく自然体で。

本当にやりたいこと、好きなことなら意識しなくてもやってるし。

 

今、意識しないで自然体でやりたいことは走ること。

ずっと前から走る人に憧れているので、人が走る競技をみるのが好き。

特に駅伝が好きで秋〜お正月はその手のニュースから目が離せない。

 

見る側でなくいつか走る側になって、気がついたら走れるじゃん?ってなるのが

お気楽な私の理想。

 

今日もブログ書いてる。

こうやって毎日何気にブログを書いていることも

いつかは大きな達成感になるんじゃないかと思っている。

 

気負わないでいつの間にか・・・というのが、やっぱりいいね〜!

今のこの瞬間がいい感じ。

 

IMG_2360

ミモザに水玉

 

 

 

 

 

大須路地裏〜日常の生活〜

お誘いしてね〜出不精な私でも外に出るとテンションあがる!

友人の引っ越しのためのインテリアの相談と買い物に。

行き先は名古屋大須。

(買い物リクエストをもらった時は私のなじみ深い大須へいくことが多い)

 

私と買い物に行きたいといってもらえるとうれしくなる。

適当な感覚を理解してくれてそれでも・・・というくらいわかってくれてると思うから。

 

でも、中にはどうしても一緒に買い物に行けない種類の人もいる。

買い物のペースが違う人。

一番苦手なのが

あちこち回って何度も同じ店に戻って買うかどうか迷うこと。

 

これは私にはわからない。

一目で欲しいとわかるし、それ以外目に入らない。

服でも雑貨でもなんでも迷うなら不要だとみなす。

 

買い物同行でアドバイスが必要ならそれを受け入れてほしいし

受け入れられないで自分の買い物をしたいのなら一人で行けばいい。

今まで買い物同行(主に服)をした方にはそんな面倒な人はいなかったけれど。

 

高校時代に一緒に買い物にいって疲れたことを思い出した。

さんざん迷って試着しまくりやっとのことで選んだカットソーを

なんと、次の日に返品に行ったと言う。

もう、あの行ったり来たりに付き合うのはごめんだ

 

 

引っ越しする友人は、買い物を一緒にするのは初めて。

だけど会って話していればどんな買い物をするかだいたいはわかる。

そもそも長々と迷うタイプの人とは友人関係が続かないと思う。

これは個人的感覚。

サバサバしてる、はっきりしている、幅広く受け入れるけど決断もできる。

それは生き方にも出てくる。

そして私を買い物に一緒に行きたいと選んでくれる友人もそれをわかっている。

 

フレッシュジュース飲みながら待ち合わせ

あれこれ見ながら友人の服屋さんへ

カフェでランチ

今日のメイン インテリアショップ

 

やっぱり買い物は楽しくて時間を忘れる。

気の置けない友人との買い物は気分を上げる。

出不精の私を誘ってくれる人たちに感謝!!!。

 

IMG_2403_Fotor

 

チロリアンランプ 緑のつぼみ

iPhoneの画面が割れた!即、修理するための選択肢3つ。

やってしまいました、ガラス面破損!!

三代目iPhoneにして初の修理、どうするの???

だめじゃん、私iPhoneで写真とってるのに〜〜〜

 

選択肢は3つ

1・アップルストアで修理

2・アップル正規サービスプロバイダで修理

3・正規ではないが近所にある修理専門店で修理する

 

今回はアップルでの予約が一週間先だということ

正規ではないと高額であることから2番の正規サービスに!

 

ということでiPhone6plus破損の翌日に修理完了するまでにしたことを

整理してみます。

 

IMG_2370

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにはともあれバックアップ

起動するのならとりあえずバックアップを。

いつ動かなくなるかわかりません。

最悪は消えてしまうこともありますし

修理の際にはバックアップしたかの確認をされます。

修理をした後のバックアップは自分でしなければならないので必須。

・iCloudまたはiTunesでバックアップを

 

「iPhoneを探す」をオフにする

こちらも修理の際に確認をされることがあります。

・iCloudにログインしてオフにする

その場になるとあせってパスワードを忘れたりするので事前にしておくのがおすすめ。

 

保証に入っているか確認

私はAppleCare+に入っていました。

二年間、二回まで7800円で修理可能。

詳しくはこちらから

https://www.apple.com/jp/support/products/iphone.html

・保証に入るにはそれなりの負担があります。

今までは落としても割れたことがなく人ごとでしたがいざ壊れると不安になる修理代。

近所の修理店に電話したら23800円!といわれました。

保証に入っていなければ正規に直してもそれくらいかかるかと。

どちらがよいかは上記リンク先を読んで自己判断していただくしかありません。

 

電話で修理機種在庫があるか確認

在庫ありを確認しても店頭で修理の順番をまつ間になくなる可能性もあるといわれた店舗もありました。

他の店舗では、明日以降入荷するので電話するか店頭に来てくださいとの返答。

こういう時には、ちょっとした電話対応の良さでお店を選択してしまいます。

・ちなみにアップルストア以外は修理時間の予約を電話ですることができないようです。

来店した順番待ちとなりますので朝イチがおすすめ。

 

いよいよ修理に向かう!!

A店(某電気店に入っている)へいく。

すでに27番目。対応が慌ただしく機種が何台あるかも答えてくれず一時間半待ってもらわないと

何とも言えないとのことで

説明と番号の用紙を渡され、投げやりな雰囲気にこちらもやる気をなくし次の店舗へ。

 

B店(百貨店の一部に入っている)へ。

店頭に行くと、機種、破損状態、バックアップの確認をされ

10人待ち、約1時間半待ちは同じだったけれど

確実に修理はできるとのことで受付完了。

百貨店に入っているだけあってか、とても対応が丁寧で待ってもいいかなという気持ちになる。

これって接客にはとても大切!!!

 

順番は時間通りに回ってきた♪

少し早めに行っていたけれどすぐに呼ばれカウンターに案内される。

画面の破損修理はガラスを交換すると思っていたけれど実は

「新品と交換」するということを初めて知ったのはこのときでした。

SIMカードの交換と本体の登録をして完了。

正味20分かからなかったかも・・・思ったより早かった!

 

 

今回は最短で直したかったので店頭での修理交換をしましたが

郵送で送ってもらって交換、というのもありです。

日にちは機種の在庫によって変わるそうですが、こちらも便利そうですね!!

 

不覚にも今回は破損を体験しましたが、今後は気をつけていこうと思います。

あ、表面に結構厚手の保護プラスティックみたいのを貼っていましたが効果なかったので

少し考えなければならないとも思いました。

 

次はコーティング???

本当に割れなくて防水効果もあるとか・・・

 

そしてスマホなしではすべてが不便なことを知ったのでした。

交換してから家にかえってバックアップから復活させるまで

人のiPhoneを使ってるみたいで気持ち悪かった〜。

アプリのありがたさをことあるごとに体感しながらの帰宅でした。

(LINE、予定表、メール、乗り換え案内などないと不安になるのですね)