カテゴリー別アーカイブ: 作る(食べ物)

手間を省いても自作しても、生活は生活。

 

田舎暮らしのテレビをみかけたときに
「必要なものは作るという生活をしたい」
という言葉にピクリと反応した。

私は曽祖父と暮らしたことがあるので
必要なものは作るなんて当たり前だと
ごくごく普通に思ってた。

便利グッズを買って使うのは
その手間を省きたいから
買ったほうが安いから
なのだと、漠然と思ってた。

曽祖父、曽祖母との暮らしは
毎日が当たり前に「生活」だった。

畑で野菜を作りそれを食べ
きれいに並べたイチゴを売り
漬物をつけ
手袋やセーターを編み
棚を作り
道具箱も作り、道具も作り
ホウキの草を育てて作り

というような生活を知っているから
私も何でも作れると思っている。

でも、「作れる」という思考がなければ
始まらないのだというのを
田舎暮らしのテレビを見て気がついた。

何でも自分で、という思考は
小さな頃にすでに知っていて
私の表現手段全てに関わってるのだ。

わざわざ田舎に行かなくても
生活できるんじゃない?
と、思った私はけっこう今も田舎で暮らしてる。

今日も梅を干してきたもんね。
私も「生活」ちゃんとしてるよ、
おじいちゃん、おばあちゃん!!!

(でも100均も大好きだよ)

image

今年は15キロの梅干しを作った。あげるほうが多いのかも…

 

◆ただいまセルフマガジン配布中!!◆◇◆◇

マガジン希望の方は、郵便番号、詳細な住所

お名前、希望部数をお知らせください。

一番速いお返事はfacebookメッセージですが

こちらのフォームからもOKです。

http://jade-ite.info/?page_id=293

順次、送りますので到着までしばらくお待ちください♪♪

◆LINEスタンプ作ってます◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『アビー』シリーズよろしくです!

http://line.me/S/shop/sticker/author/83424

◆facebook(メッセージ付けてリクエストください)◆

https://www.facebook.com/MichiyoTada

◆写真からスマホケースなど作ってます◇◆◇◆◇◆◇

今後アイテム増やす予定!随時お知らせします。

http://lbx.thebase.in/

◆ブログよりfacebookよりtwitter!◆◇◆◇◆◇◆◇◆

と言う方は、こちらでよろしくお願いします

https://twitter.com/lbx

柑橘類の季節!先日に引き続きおいしい保存食作り。美味しい食べ方教えてください。

 

先日はゆずをたくさんいただいたので

ゆずジャムとゆずピール、蒸留水、柚子茶などに。

 

今回は金柑が大量にやってきました。

実家とわけても大ボウルに山盛り3杯。

う〜ん。。。

一日では無理だ。

IMG_8669

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、放置しておける期間は限られてるから

とりあえず半分頑張る。

 

ということで、とりあえずヘタをとり

半分に切り種をだし、また半分に切る。

IMG_8668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先行して黒糖入りで煮る。

ちょっと多めだからジャムとピールに。

そして次は蒸留と普通のピール用。

合計3鍋煮る訳だ・・・。

 

IMG_8663

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして瓶につめる&さとうをまぶす。

 

IMG_8667IMG_8662

 

 

 

 

 

黒いのは黒糖いり

白っぽいのは普通の砂糖。

 

 

あ、セミドライもオーブンで作る。

明日チョコレートをかける予定。

 

IMG_8665

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レパートリーはこれだけなんだけど

他に何か美味しい食べ方ありませんか〜?

毎年パターン化しているので

何か変わったことしたいなぁ。

 

 

手をあわせて「いただきます」と言う習慣ある?ない?

 

小さいときは引っ越しを繰り返していて

幼稚園も転園したことがある。

 

子どもにとって環境が変わることは

いろいろと習慣が違ってカルチャーショックが多い。

たくさんの習慣の違いを体験して

日々驚きとおもしろさにあふれていた中に

ごはんを食べるときの「いただきます」がある。

 

埼玉県の幼稚園では

「手をおひざに」と言ったらみんな手を膝に置き

「いただきます」といって持参したお弁当を食べていた。

当時ワタシはかなりの小食で

母の作る小さなお弁当箱のお弁当が食べられなくて

毎日先生に「残していい?」と聞いていた。

今なら二口か三口で食べてしまうような量なのに。

 

愛知県の幼稚園では

「手を合わせてください」と言ってみんなが手を合わせ

「お父さんお母さんお百姓さん

ありがとういただきます」と給食を食べた。

ワタシの家でも手を合わせる習慣がなかった。

そしていろいろな人に感謝して食べるということも

その時はただの台詞にしか聞こえなかったけど

いい言葉だな〜と思う。

 

給食で覚えてるのは、ほくほくのカボチャ煮。

そして肝油がおやつに出る。

 

どちらも私立幼稚園でバスでの送迎があった。

埼玉の幼稚園は家の斜め前だったので乗ったことはなく

ひとりで徒歩で通園していた。

 

他にもものすごくたくさんカルチャーショックがあったけれど

他の人より二倍の楽しめた気がするし

私は新しい環境には違和感を感じないし

物怖じもしなかったのはこの頃から変わらない。

 

そしてこの頃から

「ワタシは一人前」って思っていた図々しい子どもだった。

 

「いただきます」の一言から

幼稚園児代を思い出すなんて、記憶のきっかけは面白い。

 

sand

年始最初に作ったのはホットサンド。この上にパンをのせてぎゅっと挟み焼くのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい頃は小食で好き嫌いが多かったけど

今は作るのも食べるのも好きで

たくさん食べられるようになっちゃいましたね。

 

 

 

 

IMG_3547

タンパク質、摂取するぞ!!

 

先日体調を少しくずしてからあと、

会う人会う人ほとんどに「やせたね」と言われる。

どう考えても「健康的ではない」といことで心配されているようだ。

しばらくの間、食事を十分に摂れなかったことも自覚がある。

 

私は体を動かさないと吸収が悪くなる。

なので体調が悪くて休んでいると普通に食べているのに吸収しないという変な体質。

毎日かるくジョギングでもしたらすぐに元に戻るとわかっているけれど

それがなかなかできないんだな〜。

怠けるのが好きだから。

 

なので今まで摂取量が少なかった肉タンパク質を増やそうという計画。

高級な肉屋さんの肉はそりゃあ美味しい。

でも、毎日買えるものを美味しくしなくては。

(魚は普通に食べてるので今回は肉の調理を探してみる)

 

柔らかくてしっとりした臭みのない肉じゃないと食べられないので

どうやってたくさん、美味しく食べるのか?

どういう調理をすると食べられるかを探してた。

 

そこでみつけたひとつが「コンフィ」

元々は保存用に油の中で加熱処理するというもの。

肉汁が出ないように調理できるので、しっとり&風味がよいとのこと。

 

豚ロース固まりと鶏胸肉二枚。

終わり間際のスーパーでなんとか手に入れて塩をまぶし冷蔵庫へ。

 

本来はラードやがちょうの油とかでじっくり数時間煮る。

ラードもがちょうも難しいけど簡単レシピには、

ジップロックに水気を拭き取った肉をいれオリーブオイルをひたひたに。

空気を抜いて「炊飯器の保温」で2、3時間放置。

以上!!!

カンタン。

 

でも問題が。

うちには炊飯器がない。

いつも土鍋なので今回も土鍋でやってみようと挑戦♪

 

オリーブオイルと庭から採ってきたローズマリーを水気を拭き取った肉とともにいれて

空気を抜いてからお湯をわかした土鍋に投入。

70〜80度を保たせるためのに30分ごとにタイマーで確認。

二時間保温してその後は放置。

多分できてるはず・・・・

 

picture1

お湯から少し出してみた。本当は沈んでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

picture2

豚ロースかたまり。やわらかい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

picture3

胸肉のぱさぱさ感なし!いい感じ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなにたくさんの塩をまぶしてないので味はないかと思ったけど

意外にしっかりしてるのは、油に閉じ込められて外にでていかないから?

ローズマリーの香りもしっかりしてる。

 

そのまま薄切りにしてもいける。

醤油とかチリソースとかみそとかつけても美味しそう。

チャーハンとか野菜炒めとかなんでも使えそうだから楽しみ〜。

 

今度は塩だけにしてみよ。

普段はしょうゆだけ煮が得意。カンタンだから。

他に何かお肉の美味しい食べ方知ってたらおしえてください。

目指せ!肉食!!!